カウンセラーが自分自身を知る必要性

Halongのセッション

私は今は自分がセッションをご提供している立場ですが、
8年間ほどクライアントだった経験があります。
「教育分析」的に心理療法やそれに類するものを受けていました。

人と向き合う仕事に就く人は、
自分自身に向き合う経験が必要です。

自分を知ること、
自分の見たくないところを見ること。
自分が傷ついた経験や消化できていない感情を捉えなおすこと。
その時流せなかった涙を流して、
いっしょに悲しんでくれる人がいることを経験すること。

そんな過程を経て、自分自身の心の整理をしながら
セッションを維持する「器」や「力」のようなものを
自分の中に作っていくんですね。

それをせずにクライアントさんのお話を聞いていても、
なかなかセッションが深まらないと思います。

そして時に、クライアントさんのほうが
器が大きかったりすると、
カウンセラーとクライアントの立場が逆転してしまって、
知らず知らずのうちに
カウンセラー自身の悩みを解決するためのセッションになってしまう、
そんなことも起きてくるわけです。

カウンセラーはそういうことが起きる、という可能性について
知っておかなくてはなりません。
カウンセラー自身も人間であって、
痛みを感じながら生きているという事実は
決して消えることはないのです。

そうやって、自分自身を受け入れながら、
同時にクライアントさんに向きあうのが
本物のセッションだと思っています。

これは本当に難しいことです。
でも、できるかできないか、ではなくて
その作業を続けていること自体が、
安全にセッションの場を提供することにつながります。

タイトルとURLをコピーしました